うつわ

うつわ · 2021/09/29
藤吉作 / 錦網魚文片口に料理を 盛り付けて撮影。 赤い網目の線が華やかさを醸し出し、 お肉を引き立ててくれました。 うつわの役割は大切ですね。

うつわ · 2021/09/05
20日から始まる藤吉さんの器の写真撮りの今日この頃 染付の美しさを伝えたい情熱はあるのですが・・・ 技術がなかなか追いつきません。 やはり、実物をご覧いただくのが最高!かと

うつわ · 2021/08/11
9月の作品展《藤吉憲典 斬新な染付展》の準備に入り、何枚も写す今日この頃 何枚写してもまだ遠い。 作品の魅力を取り込みたい気持ちだけは十分もってても。。。 技術が・・・ね。  今 弱気です。 写真をプロに依頼することを考える日々。

うつわ · 2021/08/07
仕事とは言え、朝食を兼ねて撮影 お気に入りのうつわを楽しめる役得です。 メニューは野菜のピクルス・塚本久美さんが焼いた マカデミアナッツ+ドライトマトのパン・ヨーグルトにあんずジャム 最後はGRICEオールドグラスにアイスコーヒーを。 お陰様で、至福の時間です。

うつわ · 2021/08/01
今回は、夏が終わっても使い続けて頂きたいガラスを!と 想いが膨らみ、 黒と白が多めの花岡 央展です。

やきもの
うつわ · 2021/05/24
準備を進めていました、備前焼作家清水ご夫妻の作品展。今日はその搬入日でした。ギャラリー内の通常の常設展示とはガラリと変わり、とても栂らしい空間が出来ました。もともと備前焼を取り扱うことを中心に開いたギャラリーでもあり、土もののうつわが並ぶとやはりとても落ち着きます。 月日が経ち、備前焼が以前のようにもてはやされる時代ではなくなっているようですが、釉を使わない焼き締めのやきものは、地味でも 手から伝わる味わいは、ほかのものと比べてみるとお分かりいただけるのですが、言葉で表しきれない深くて穏やかな温かさが大きな魅力です。ちょっとざらつきさえあるものの、土の力が精神(心)を整えてくれ、そっと寄り添ってくれるエネルギーを持っていると思います。今の時代こそ!ゆったりと時間を過ごすアイテムとして、お薦めしたい作品たちです。 明日25日11:00~。

うつわ · 2020/09/07
作品展の打ち合わせをさせて頂いた日、 銭本家のトイレで、アフリカンな壺を見た。 ずっと以前作っておられたとか、、、 黒のかもし出す【存在感】に魅かれた瞬間。 まさか「いいなぁ~」の一言が、黒の皿へと 繋がるとは、、、嬉しい展開だった。 色だけで訴える力を持つうつわが生まれた。 白と比べ、そこへ置いてるだけで「はい!居ます!」と 手を上げてるヤツ。 しかし、主張がある割に、料理映えのするこの黒の深みを 楽しんでみたい。