企画展の様子

企画展の様子 · 2021/08/28
今回の作品展は、 赤穂緞通の織りての皆さんが これからの時代を見据え、新しい織物作品を作り出したいと 【赤穂ギャベ】の思索を重ね、挑戦されたものです。 ですが、会場には100年くらい前に赤穂で織られていました 古緞通も2枚展示しています。 これはそのうちの一枚『吉祥』です。 昭和初期の緞通です。...

企画展の様子 · 2021/08/04
愛犬家は思わず微笑むのです 「かわいい」そう言いながら、、、

暮らしの中で
企画展の様子 · 2021/06/17
木口さんの作品展、今回で50回目を迎えられました。記念すべき作品展です。 まさに大勢の方の暮らしに寄り添う愛情あふれる仕事だと感じます。

始まり始まり
企画展の様子 · 2021/06/15
三本足のオブジェ 一輪挿しとして使えるところが楽しいオブジェです。 わざわざ曲がった足? おそらくここが木口ワールドでしょうね。 歩きだした花入れです。 自分らしさをどこに入れるか?というより、自分にしかできない独自の世界を作り上げていると思います。 見る側を自分の世界へ引き込む作家です。 今日は暑くなりそうです。

ほとけの造形展
企画展の様子 · 2021/03/25
神山惠光 ほとけの造形展が、23日より始まりました。 様々なお役目を持たれた仏様が約40体ほど・・・栂に勢ぞろいです。 粛々と神々しい空間になり,いつもと違う栂の空間です。 作品展開催のきっかけは、 学生時代に彫塑を教えて下さった神山先生からのお電話がでした。 先生の作品は、以前から何度か拝見し我が家にもお地蔵様に居て頂いています。 しかし、まさかこのコロナ禍の時期に、栂で仏様の作品展開催の話を頂けるとは。。。 沈む心に明かりでした。 きっとこころ安らぐ作品展が開けると思えた瞬間です。 その後、何か月かの準備期間を経て開催の日を迎え、感無量です。 ほとけ様の慈愛に満ちたお顔、佇まい、土から伝わるあふれような優しさ。 副題の『祈り』とは、大切にしたいと強く感じている、優しさ・愛・思いやりの表現や、有り様。 ほとけの姿の中に、感じて頂けると幸いです。

企画展の様子 · 2020/12/30
今現在開催しています、林 抱宇 墨遊展の中に この『しるべ』が掛かっています。 ゆっくり 「し る べ」と 声にだして読み上げました。 林さんに「しるべは、標でよいのでしょうか?」とお尋ねしたところ 「そうです。しるべがあると安心するでしょ?」 「迷うとき、導いてくれるのが《しるべ》よ」...

企画展の様子 · 2020/11/12
3日から開催中の企画展 MaryDowne草木染作品展も、14日までとなりました。 今回はカナダ(バンクーバー)と日本(岡山県)をオンラインZOOMで繋ぐイベントを計画実行してみました。 初めての試みは、手探りと友人の協力があってできたました。 できた!というだけの流れでした。 反省点は沢山残っています。 これからの時代に、必要だといわれる意見聞こえて来ます。 が・・・ 課題満載!の栂です。 便利なシステムを生かす知恵と知識が必要ですね。 正直頭の痛い環境下ではありますが、 ただ目的を明快に活用を学ばねばならないようです。

企画展の様子 · 2020/07/16
7月の企画展 始まっています。 今回先ず感じたことのひとつが、 作風・完成度にエネルギーを感じて います。未来感、大切ですよね!? さて、注目していただきたい点を一つ。 平川良子さんの作品には名前(作家からするとテーマ?だそうです)がついています。 写真のバングル【ツカマエテ】 心象=形です。作品をご覧いただきながら、なるほど!とお楽しみ頂けると幸いです。 是非会場にてご確認下さい。 今回初めての為、作品点数に限りがございます。