企画展の様子

企画展の様子 · 2022/01/30
元々は青々と美しく鮮やかであった花束が、時間と共に退色し枯れ行く姿に、長い年月、手から手へと年月を過ごしてきたアンティーク品との共通点を感じ、今回友人のお宅から拝借して飾っていました。命を全うする姿です。今日でまた元の御家へ帰します。


企画展の様子 · 2022/01/25
今回のアンティーク展開催で、学んだことの一つが、《象牙彫刻》でした。展示中のカーブドアイボリー(象牙の彫刻)は特に大陸ヨーロッパで発展したそうです。 特に南ドイツのエアバッハ (Erbach)の街とか。 他にはスイスとフランスがアイボリーのジュエリーの製作の中心でした。...

企画展の様子 · 2022/01/20
アンティーク展でご覧頂きたく、オールドバカラを数点展示しています。バカラ社がずっと作り続けるミケランジェロの文様。30年前この繊細さと美しさに惹かれ、出会った時の嬉しさを思い出します。今展示しているフルートグラスは、今も作り続けている形より少しスリムです。恐らくもう製造されていないのかも知れません。古いバカラグラスは、特にガラスの厚みが薄く、怖くて使えないです。とのご意見も頂きました。しかし、この繊細さをご理解頂ける方に出会えることを願っています。

企画展の様子 · 2022/01/18
アンティーク展、始まりました。歴史的な面に詳しくないまま、実のところこれを使いたい!と単純な想いだけで集めたきた品々です。  なんと本日の初日にお越し下さった御客様から、カトラリーの説明(歴史的背景を含め)道具についてご教示頂く事が出来ました。やはり道具?は、暮らしの必要性が生み出したモノだと納得した栂です。 会期1月30日まで

企画展の様子 · 2021/11/06
田上恵美子作品展より 鉱物好きがきっかけで生まれた、ガラス+石と組み合わすことで、シャープさとモダンさを醸し出すペンダントです。 会期は13日(土)16:00まで

企画展の様子 · 2021/10/28
ガラス工藝作家 田上恵美子さんに初めてお会いした時から、鉱物好きなんです!とお聞きし、ユニークな方なのかな?と思っていたら、今回は息子さんとユニット(硅砂組)を組まれての作品が登場しました。 異素材を組み合わせた作品。 とても存在感を感じます。

企画展の様子 · 2021/08/28
今回の作品展は、 赤穂緞通の織りての皆さんが これからの時代を見据え、新しい織物作品を作り出したいと 【赤穂ギャベ】の思索を重ね、挑戦されたものです。 ですが、会場には100年くらい前に赤穂で織られていました 古緞通も2枚展示しています。 これはそのうちの一枚『吉祥』です。 昭和初期の緞通です。...

企画展の様子 · 2021/08/04
愛犬家は思わず微笑むのです 「かわいい」そう言いながら、、、

暮らしの中で
企画展の様子 · 2021/06/17
木口さんの作品展、今回で50回目を迎えられました。記念すべき作品展です。 まさに大勢の方の暮らしに寄り添う愛情あふれる仕事だと感じます。

さらに表示する