うつわ · 2022/12/07
数年前、必要に迫られ金繕い教室へ。ギャラリーのお客様からお預かりしいたうつわの繕いをお願いするはずが・・・教室へ通うことにした私。壊れた繕いの楽しさと、先生から学ぶこと多く、はや数年。。。今回愛用していた湯呑を(いつの日か?落としてばらばらに・・・)気を取り直し、また使いたさにここ2か月取り組んだ湯呑の復活。年末恒例の金繕い教室の作品展に湯呑を出品しました。会場:岡山禁酒会館内ギャラリー。会期:6日~11日まで

想い · 2022/12/02
11月作品展〔Mariko Ando銅版画〕にお越し下さったお客様より、作品の額装ご依頼がありました。和のお宅へお納めするには?と正直迷いましたが、、、板壁の色などを考慮し、シンプルで明るいめの仕上げに額装しました。豊かな空間になります様に。

日々 · 2022/11/29
12月に入った途端、寒い朝がやって来た。朝いちばんに雑木束を3束と、夏に拾い集めた欅の小枝と着火補助の小割り木をストーブ前に運び込み、いつもの手順で薪ストーブを焚く朝。今日から3月末まで毎朝私の仕事です。エアコンでは味わえないぬくもりに癒される冬仕事の始まり。いい朝。

想い · 2022/11/24
Mariko...

日々 · 2022/11/24
私事ですが、書き留めておきます。 たまたま【法隆寺クラファン企画】を知り、返礼企画の体験に、奈良の法隆寺へ行ってきました。 明治から取り組まれてきた金堂壁画修復は、突然の火事により多大な被害を受け修復は頓挫。しかし、1952年(私が生まれた年)に再開されての現在だそうです。...

ねえねえ・・・と話しかけたくなる、さかいゆきみさんの土雛。2023年2月、5年ぶり?の登場の打ち合わせ完了。

うつわ · 2022/11/18
先日、作品展を終えたばかりでもあり、ギャラリーは暫くお取引のある作家のうつわを展示販売して過ごすことに。何年経ても力のある作品やうつわは、衰えを感じさせない魅力をもっていると思えた日

2022/11/11
ギャラリーの庭にあるハナミズキをテラスから眺めると、今年は赤い実が鈴なり。鳥たちは大喜びです。欅の葉は色付き、ハラハラと舞い落ちる毎日。何気ない季節の移ろいは心のビタミン剤です。

想い · 2022/11/10
由起子さんへ   昨日やっと真理子さんと久しぶりの再会を果たせました。 このような、幸せなご縁を作って下さった由起子さんに、こころから感謝しています。 真理子さんの作品を携え、バンクーバーから栂までお越し下さったあの日。 感激で胸いっぱいになったあの日。 由起子さんにお目に掛かれたあの日。...

企画展の様子 · 2022/11/02
Marikoando銅版画作品展、11月1日より始まりました。ギャラリーがとても静かな空間になっています。今回は、赤や青の彩色が華やかさを添えて、見る側の心をくすぐります。午後のひと時、ぜひ。

さらに表示する